任意売却は裁判所の介入がないだけマシです

任意売却が嫌という人は多いです。
任意売却は普通の売却ではないですからね。
家を売るのなら普通に売りたいと思う人は多いです。
任意売却は住宅ローンを払えなくなった時に仕方なくする売却ですからね。
住宅ローンが払えないのは苦しいです。
住宅ローンが払えなくても良いと思うはずがありません。

一番嫌な売却は競売です。
競売は裁判所の介入があります。
裁判所が家を差し押さえします。
差し押さえられると近所に住宅ローンが払えないという事が分かってしまいます。
知られたくない近所に知られるのはとても困ります。
それに競売に掛けられると強制的に家を追い出されます。
買う人を勝手に決められてしまいます。
裁判所が勝手に決めるのは嫌ですね。
それに競売だと売ったお金は全く自分の手元には来ません。
競売は差し押さえですから自分の思い通りにする事ができないから競売にはしたくありません。

任意売却は裁判所の介入はありません。
任意売却は不動産業者の仲介で債権者との話し合いで決めます。
裁判所の介入がないから任意売却は競売より明らかに良いです。
任意売却は「競売にかけられなくて良かった」と思って気持ちを切り替えるのが大事です。