初めてなら『総量規制対象外のカードローン』がおすすめ

いざというときに、1枚契約して持っているとおすすめなのが『カードローン』。
カードローンには契約する会社の業態により『総量規制対象のカードローン』と『総量規制対象外のカードローン』大きく二種類に分けることができます。
ではこの二種類のカードローンについて簡単にご紹介したいと思います。
まず『総量規制』についてですが、総量規制とは「個人への融資は年収の三分の一に規制する」という金融業者に対する法律となります(貸金業法)。
貸金業法は主に消費者金融に対する法律でもあるので、『総量規制対象のカードローン』とは、つまり『消費者金融のカードローン』ということになります。
そして、『総量規制対象外のカードローン』とは、カードローンを扱うもう一つの業態『銀行のカードローン』のことになります。
銀行のカードローンには年収による制限はありませんので、審査に通れば年収以上の金額を借りることも可能となります。
もしカードローンが初めての場合には、『総量規制対象外のカードローン』が借入額はもちろん、イメージ、安心感もおすすめとなります。
消費者金融のカードローンも審査が易しく、使い勝手やサービスが良いものが多いので、2枚目以降で持つにはとてもおすすめです。